ホーム
お知らせ
カリキュラム
開講科目
教職員スタッフ
学科設備
入試体験記
放送学科Q&A
卒業生の進路
活動リポート

アナウンス
アナウンス実習では、言語によるコミュニケーション能力向上を学びの目標とします。そのためにまず、呼吸法・発声・発音の基礎を学び、さらに五十音・滑舌・イントネーション・アクセントなどを反復練習することで標準語の音声表現に不可欠な技術を身につけます。ドキュメンタリーのナレーション、CM、朗読など、個別指導で各々の感性を尊重しつつ表現の可能性を探究します。同時に語彙力を高め、世の中の出来事や動きに日々意識を向けさせることで、実社会が求める「TPOに応じて、自分の考えと、自分の言葉で、簡潔に相手に伝える」能力を育成します。

1年次後期から2年次、3年次を基礎から応用へと段階的に課題の難易度を高め、「朗読」「アナウンス」などの卒業研究に役立つ音声表現能力を修得します。

基礎的な日本語能力を高めるためには、放送学科の必修科目、受講すべき科目の履修は勿論のこと、学生生活の中で紙媒体、Webを問わず、本や、新聞を読むことを習慣づけること、また「音」として日本語の語感を感じ取るために、日々テレビ、ラジオのニュース、ドキュメンタリーを視聴することを心がけてください。多岐にわたる情報のinputが、多様で、柔軟なoutput(音声表現)を生み出すことを心にとめてください。


年次 必修科目 関連科目
1 映像制作演習
音響制作演習
アナウンスⅠ
放送概論Ⅰ、Ⅱ
2 アナウンスⅡ、Ⅲ
3 アナウンスⅣ、Ⅴ
ゼミナールⅠ
作品研究Ⅸ(ラジオの生ワイド)
作品研究Ⅹ(テレビ情報番組とキャスター)
放送表現と人権Ⅰ、Ⅱ
4 ゼミナールⅡ
卒業研究


放送学科のカリキュラム
テレビ制作分野
ラジオ制作分野
映像技術分野
音響技術分野
CM分野
脚本分野