ホーム
お知らせ
カリキュラム
開講科目
教職員スタッフ
学科設備
入試体験記
放送学科Q&A
卒業生の進路
活動リポート

音響技術専攻
放送番組を制作するためには、スタジオなどで実際に放送機器を操作する技術スタッフが必要不可欠です。この専攻はそのような技術者のうち音響技術者をめざす人たちのために、放送の場での音響技術を、理論と実践を通して学びます。
まず実際のスタジオで番組を制作しながら、放送ミキシングの基礎や音楽録音の基礎技術を習得。その後マルチトラックレコーディング技術など、理論と並行して専門的な技術を学んでいきます。さらに習得してきた技術を総合的に実習するとともに、テレビ番組制作に必要なMA技術などについても学習。確かな専門技術力を備えながら、新しい視点で音響をとらえ、新しい音の世界を切り開いていける人材を育成します。
1年次ではまず、録音スタジオのシステムの理解、マイクアレンジの基本、ミキサーの基本的な操作などを習得します。
2年次では、それをベースにして、さらに実際の収録を行いながらミキシング技術を習得します。
3年次では音楽録音に重点を置いて実習を行います。
なお技術者としての高度な専門知識を身につけるために、2年次、3年次の段階で、それぞれ講義科目である「音響技術論」を設置しています。



放送学科のカリキュラム
テレビ制作専攻
ラジオ制作専攻
映像技術専攻
CM専攻
実習科目(脚本・アナウンス)