ホーム
お知らせ
カリキュラム
開講科目
教職員スタッフ
学科設備
入試体験記
放送学科Q&A
卒業生の進路
活動リポート

脚本
脚本実習では、テレビドラマ脚本の執筆に取り組みます。映像ドラマの特質をふまえて執筆のための技術の習得を目指すと同時に、作家としての自己のテーマの発見、メッセージの深化を目指して実習を展開していきます。

課題は個人ワークとしますが、企画、執筆作品のチェック等それぞれの段階で、ディスカッションを通して作品(やアイデア)を練り上げ、受講者が互いの意見を交換したり、脚本を分析しあったりする機会を積極的に設けています。リライトを重ねて完成度を高めることで脚本執筆の力を養います。

脚本Ⅰでは、脚本の基礎を学びます。脚本を執筆するうえで守るべきルールについて実作を通して理解し、自身のアイデアを脚本として表現することをスタートさせます。2年次以降の脚本Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴでは、自身の企画やテーマや設定を検討したうえで、ストーリーの展開、構成について検討を重ねて執筆にあたります。ストーリーを通してのシーンの意味、メッセージの紡ぎ方等についてリライトを通して表現のブラッシュアップを行います。

ドラマとは何か。テレビドラマの脚本執筆には、できるだけ多くの作品を視聴し、アイデアや技術の可能性について理解を深める必要があります。また、人、社会、時代への関心、問題意識も必要となります。書くための日ごろからの取り組みが大切です。

オーディオドラマ脚本については、数回のシリーズを通して、課題に取り組む受講生に対してアドバイスを行います。


年次 必修科目 関連科目
1 映像制作演習
音響制作演習
脚本Ⅰ
放送概論Ⅰ、Ⅱ
テレビ史Ⅰ、Ⅱ
2 脚本Ⅱ、Ⅲ
放送脚本論
テレビ演出論
3 脚本Ⅳ、Ⅴ
ゼミナールⅠ
放送特殊研究Ⅰ(テレビドラマの可能性)
テレビドラマの表現
4 ゼミナールⅡ
卒業研究


放送学科のカリキュラム
テレビ制作分野
ラジオ制作分野
映像技術分野
音響技術分野
CM分野
アナウンス分野